• カテゴリー別アーカイブ 未分類
  • 他のチェック事項

    一つひとつの業者によって、農業機械の査定に掛かる時間や、査定業務のクオリティには違いがあります。また、実際の売却金額は、電話やメールで査定を受けた段階では決定せず、飽くまでも現物の査定を受けた上で決まることとなります。そのような状況の中で、利用する会社を探すにあたっては、査定のスピードだけではなく、電話やメールにおける顧客対応マナーなど、総合的な面から見て、良い業者を見つけ出すことが大切です。

    次に、農機具の買取りを手がける業者のホームページなどをチェックすると、「高価買取り」や「他社より1円でも高く買い取ります」などのキャッチフレーズを目にすることがよくあります。それらの中でも、後者のフレーズは、他社の提示した査定金額を確認した後、それよりも高い金額を提示してくれるということを意味しており、良いもののように感じられるかも知れません。確かに、相見積もりを取ることによって発生する業者の競争意識を利用して、高値査定を狙うという方法もありますが、他社の金額を確認しないと買取り金額が提示できないのは、常日頃から、自社の査定業務に自信を持っていないことの証明とも言えるので、その点には注意する必要があります。


  • 相見積もりの依頼など

    パソコンと携帯農機具の売却にあたっては、複数の会社から見積もりを取ることで、良い条件を提示してくれる業者が見つかりやすくなるほか、査定金額の相場感覚が身につくというメリットもあります。そのようにして、相場勘に磨きがかかれば、提示された金額が適正なものであるかどうかが分かることで、売り時の好機をみすみす逃したり、相場よりかなり低い金額で買い叩かれたりするリスクが低くなります

    また、業者への査定を依頼するためには、メールやサイト上に設置された専用のフォーム、電話などの通信手段を利用することができます。その内、どの手段を選択するにしても、見積もりを依頼してから、査定金額が提示されるまでに掛かる時間が短い会社は、急ぎの場合でも安心して利用することが可能になります。

    また、過去に該当する農機具の買取りを行なった実績が豊富にあるため、スピーディーに査定が行なわれるということもあります。その反対に、買取り実績が乏しいところは、高度なノウハウを持たないため、査定に時間が掛かるという問題点も存在します。その一方で、査定がいくら迅速に行なわれても、こちらからの説明をろくに聞きもせず査定金額を提示するような会社も存在します。反対に、査定に長い時間が掛かっても、じっくり丁寧にチェックしてくれるところもあります。対象の業者のホームページに過去の買取実績を掲載している場合が多いので、実績を確認したい場合は事前にチェックしてから査定を依頼しましょう。

    推奨リンク・・・農機具買取の専門サイト